お仕事での賠償事故の心配

事業には様々なリスクが取り巻いています!

①第三者賠償のリスク

・業務遂行中のリスク・・・
「ビル建設工事中に鉄材を落下させてしまい、通行人にケガをさせてしまった」

・生産物、完成作業のリスク・・・
「2階住宅の改装工事の引渡し後に、排水管の接続不備によってトイレから漏水し、1階を汚染してしまった」

経営を揺るがす第三者賠償リスクは様々なところに取り巻いています。
それぞれの業種に合った補償に入り、もしもの事故に備えましょう!

②財物のリスク

会社で所有・使用・管理されている財物が、火災や自然災害などの事故によって損害を受けるリスクがあります。

・財産の直接損害の補償
・利益損失や営業継続に必要な費用の補償
・原材料・製品・商品・在庫品などの輸送・保管・加工などの補償

財物への損害の補償も重要です!

③経営者・役員のリスク

株主代表訴訟や取引先など第三者からの訴訟によって、役員個人が訴えられる賠償リスクがあります。

会社役員が過失などの理由で法律上の損害賠償責任を負った場合、関わる損害を補償する保険があります。

損害賠償責任の補償だけでなく、事業主や役員を含む従業員などの業務災害によるケガの補償、財産の補償など、必要に応じて補償を組み合わせることができる保険もあります。

④従業員のリスク

労働災害によるケガの補償、労働災害時の使用者の賠償リスクなどがあります。

事業主、法人役員、社員、パート・アルバイト、建設業の下請作業員、派遣社員、製造業などの構内下請作業員などを補償対象とする業務災害によるケガなどを補償する保険があります。

詳しくは法人のお客様ページをご覧ください。